新興国へのビジネスの展開

最近では、海外への新興国などのビジネスの展開を計画したり、実際に海外の経営の展開を行っている企業が多いです。
新興国の経営を展開する理由は様々であるが、海外に展開しているビジネスモデルに共通している事は、グローバル人材の育成と確保の重要性があるからです。
経営の主戦場を海外にする事によって、現地での法人の役割が大きくなっていて、人材の戦略としてのグローバルな対応が求められている事が海外の経営の主要な点です。
現在では、多くの食品や衣料品などを海外の輸入に頼っていて、機械などを中心に輸出している産業が目立っています。
主に海外からの輸入や輸出に頼ってきた経緯で、国内のビジネスが潤ってきた事が背景にあります。
これからは、海外に生産拠点を置いていく時代に変わっていく事から、海外からの輸入などの経営型手法に頼る時代ではない傾向にあります。
海外に拠点を置く国内の会社の社員が海外に出向いて、海外で生産して、画期的な商品を発明する事により、海外の新興国の経済が発展すると予測しています。
生産する地域と消費する地域が同一にある地域に関しては、単に国内の会社の社員を海外に出向いて行くばかりではなくて、海外で通用するグローバルに展開するために、独自の経営型手法を編み出していかなければならないのです。
現時点での海外における人材のグローバル化の課題は、国を超えた人材配置が未完成である事と、海外に通用するための人材をつかめていない事と、海外で経営している企業と共通している企業価値が未だに浸透していない事です。
ビジネスの主戦場が海外にシフトしていく中で、海外の現地の人や現地での法人との役割が大きくなっている事を意味しています。
今までの経営型手法である利益追求型では、海外でのグローバルに対応した競争力をつける事はできないので、海外に展開する人は現地の人との経営手法を自ら学んでいって、議論を繰り返して納得してもらう事です。